芸能・スポーツ・ニュース・時事ネタを中心に発信していきます。

【正月行事】鏡開きの由来とは?酒樽を使う意味を教えます!

naoto0410
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
naoto0410
常に情報収集をしてブログのネタを考えています。【趣味】ブログ投稿,プロ野球観戦,ドライブ,旅行
詳しいプロフィールはこちら

正月を過ぎると「鏡開き」という言葉をこんどは耳にしますよね?

 

私も最初は大して疑問に思わず、お餅を食べる日って理解をしていました。

 

ですが、今回はその

 

  • 鏡開きにの由来
  • 酒樽を使う意味

 

調べて書いていこうと思います。この記事ですこしでも「へー」となってくれたら嬉しいです!

 

鏡開きの由来とは?

 

鏡開きの由来としてあるのは、江戸時代にさかのぼります。

 

武家の方でこの行事が始まり、当初は鏡餅に刃物を使って切っていましたが切腹しているように見えると批判があり中止にしていました。

 

しかし、今度は木づちで餅を割る行為にでたところ「割る」という行為が縁起悪いと言われ「切る」という表現は使わずに「開く」という言葉を使うようになり、「鏡開き」という風に呼ばれるようになったのが由来です。

 

うーーん、いろいろ調べてみましたがちゃんと由来があるんですね!

 

どうして鏡開きにお餅を食べるのか?

 

正月中は鏡餅の上に年神様が各家庭にあそびに来ます。その年神様遊びに来たときの居場所が鏡餅の上になります。

 

そいて、松の内という年神様の滞在期間がすぎると年神様が居座っていた鏡餅を食べることで「1年の家族無病息災」を願うんです。

 

まあ簡単にいうと年神様が鏡餅にパワーを分け与えてるから鏡開きにそのパワーが乗り移ったお餅を食べて1年間健康になにごともなく過ごすエネルギーをもらうといった感じです!

 

鏡開きっていつするの?

 

上に書いてある通り、鏡開きは松の内がすぎたあとに時実施されます。この松の内は住んでい地域によって別々です。

 

  • 松の内を1月7日までとする地方では1月11日
  • 松の内を1月15日とする地方では1月15日

 

となっています。江戸時代は1月20日に鏡開きを行っていたそうですが、徳川三代将軍・徳川家光が4月20日に亡くなったため月命日である20日を避けて11日したともいわれています。

 

鏡開きに酒樽を使う意味って?

 

お餅を鏡開きがあれば、酒樽を割る鏡開きもあります。TVでよく芸能人達がやっているやつですね!

 

これは、酒樽のフタを「鏡」として表現しています。また昔、お米から作られる日本酒はとても神聖に取り扱っていました。

 

神事をした際に酒を酌み交わし祈願の成就を願う風習があり、縁起が良い「開く」という言葉を使って表現をしています。

 

  • 餅を使う鏡開き
  • 酒を使う鏡開き

このどちらも、健康で幸せな1年になるよう願いがこめられているという意味は一緒ですね!

 

まとめ

 

最後にこの記事をまとめておきます。

 

まとめ
  • 鏡開きは江戸時代の武家から始まったのが由来
  • お餅の上には年神様がいてその力をお餅を食べて自分に取り込む
  • 酒樽を使うのは昔、日本酒は神聖なものであったから祈願が叶う意味を込めている
  • 鏡開きは健康になるよう願いを込められている

 

といった感じになります。鏡餅を置くスペースがない家庭でもここ最近非常に小さい鏡餅を置いている家庭が増えて来ています。

 

大切なのは「餅を食べること」なので、飾って終わりにしないでくださいね!

 

 

もちろんお酒も願いが叶う事をこめて飲むなら「日本酒」が良いかもしれません!

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
naoto0410
常に情報収集をしてブログのネタを考えています。【趣味】ブログ投稿,プロ野球観戦,ドライブ,旅行
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ソクブログ , 2018 All Rights Reserved.